Thunderbird:予約送信ができるアドオン「後で送信」

Thunderbirdサンダーバード)でメールの送信をする際に、
指定した時間で送信したい場合があります。

「○○時になったら送信しよう!」などメールを作成して下書きの状態で、
送信を忘れてしまうことがありました。

Thunderbirdの「後で送信」というアドオンを使用すれば、
予約した時間に作成していたメールを送信することが可能です。

後で送信

下記にThunderbirdで指定した時間に送信ができるアドオン「後で送信」を
使用して予約送信を行った時の使用方法をメモします。


「後で送信」アドオン

指定した時間にメールを送信することができるアドオンです。

https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/send-later-3/


使用方法・設定方法

1.Thunderbirdのメニューから「ツール」→「アドオン」をクリックます。

2.右上の検索ボックスで「後で送信」で検索します。

3.検索結果に「後で送信 4.2.4」が表示されるので「インストール」ボタンをクリックします。

4.「インストール」ボタンをクリック後、「今すぐ再起動する」リンクをクリックしてThunderbirdを再起動します。

※ダウンロードページからアドオンをダウンロードして追加してもOKです。

5.Thunderbirdを再起動後、予約送信するメールを作成します。

6.メールを作成後、メニューにある「ファイル」から「後で送信」を選択します。

Thunderbird_atode1

7.選択するとダイアログボックスが表示させるので、送信する時間を指定して
「送信予定日時」ボタンをクリックすれば予約送信をすることができます。

Thunderbird_atode2


このアドオンはThunderbirdを起動している状態でないと予約送信できないので注意が必要です。
なので、その日のうちに送信する場合などは活用できると思います。

Thunderbird:サンダーバードでメールの振り分け方法

Thunderbirdで受信したメッセージを条件によって振り分ける方法をメモします。

Thunderbirdでメールを振り分ける場合は「メッセージフィルタ」を使用します。

メッセージフィルタでメッセージの振り分けを設定していると、
メールを受信した時に誰から送信されたかがすぐ分かるのでとても便利です。

また、メールの管理もしやすいので、メールを多く受信する方にお勧めです。


サンダーバードでメールを振り分ける方法

1.ヘッダーメニューの「ツール」から「メッセージフィルタ」をクリックします。

Thunderbird_mail_huriwake1

2.メッセージフィルタ画面が表示されるので、「新規」ボタンをクリックします。

Thunderbird_mail_huriwake2

3.フィルタの設定画面が表示されるので、条件を設定し、受信するフォルダを指定します。

Thunderbird_mail_huriwake3

4.設定が完了したら、「OK」ボタンをクリックします。メッセージフィルタ画面で「今すぐ実行」ボタンをクリックするとメッセージが移動されます。

Thunderbird_mail_huriwake4

5.次から受信したメッセージが条件に該当する場合は指定したフォルダに移動されます。

Thunderbird_mail_huriwake5


条件も色々あるので自由に設定することが可能です。

Thunderbird_mail_huriwake6

Thunderbird:サンダーバードで署名を設定する

Thunderbirdに設定したメールアカウントのメッセージ署名を付ける手順をメモします。

Thunderbird_shomei

メッセージを作成する際に署名を毎回付けるのは大変です。
メールアカウントの署名の設定をすれば、メールを作成する際に自動で署名を付けてくれます。

HTML形式やファイルから署名を設定することも可能ですが、通常の署名の設定の仕方をメモします。


サンダーバードで署名を設定する

1.「ツール」をクリックし、「アカウント設定」を選択します。

Thunderbird_shomei_1

メールアカウントを選択し、右クリックの「設定」でもOKです。

Thunderbird_shomei_2

2.「アカウント設定」の画面が表示されるので「署名編集」の箇所に署名を入力します。

Thunderbird_shomei_3

3.署名の入力が完了したら、「OK」ボタンをクリックします。

4.メッセージを作成すると、入力した署名が表示されるようになります。

Thunderbird_shomei


HTML形式で設定する場合は「HTML形式で記述する」にチェックを入れて設定します。

また、ファイルで設定する場合は「ファイルから署名を挿入する」にチェックを入れ、
署名を記述したファイルを選択し設定します。

署名を設定しているとメールを作成する際に自動で挿入されるので、
必ず記述するものがある場合は設定した方が楽にメールを作成することができます。

Thunderbird:アカウントの表示順を変更するアドオン

Thunderbirdにアカウントを複数設定した時に、アカウントの順番を変更したい場合があります。
主に使用するメールアドレスを一番上に持ってきたいですよね。

Thunderbirdでアカウントの表示順を変更したい場合は「Manually sort folders」アドオンを使用すれば簡単に並べ替えすることができます。

ThunderbirdアドオンManually sort folders」を使用してアカウント表示順を変更する使用方法・設定方法をメモします。


Manually sort folders 1.1

メールアカウントの表示順を並び替えることができる拡張機能です。
また、フォルダの表示順も並び替えることができます。

https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/manually-sort-folders/


使用方法・設定方法

1.Thunderbirdのメニューから「ツール」→「アドオン」をクリックます。

manually_sort_folders1

2.右上の検索ボックスで「Manually sort folders」で検索します。

manually_sort_folders2

3.検索結果に「Manually sort folders 1.1」が表示されるので「インストール」をクリックします。

manually_sort_folders3

manually_sort_folders4

4.「インストール」ボタンをクリック後、「今すぐ再起動する」リンクをクリックします。

manually_sort_folders5

5.再起動後、アドオンのページで「Manually sort folders 1.1」の「設定」ボタンをクリックするとManually sort foldersの設定画面が表示されます。

manually_sort_folders6

6.アカウントやフォルダを選択し「上へ」「下へ」ボタンで表示順を変更し「Thunderbirdの再起動」ボタンをクリックすれば並び替えることができます。

manually_sort_folders7


Thunderbird:起動時にロックをかけるアドオン(ProfilePassword)

人と共通で使用するパソコンなどの場合、Thunderbirdに設定しているメールを
勝手に見られたくない場合があります。
Thunderbirdの「ProfilePassword」というアドオンを使用すると、
Thunderbird起動時にロックをかけることが可能です。

ProfilePassword」を設定した際の内容をメモします。


ProfilePassword

Thunderbirdを起動時にパスワード認証のダイアログボックスを出力し、
ロックをかけることができるアドオンです。
パスワード認証後、Thunderbirdを閲覧することができます。

「ProfilePassword」ダウンロードページ

Thunderbird_ProfilePassword


使用・設定方法

1.ダウンロードページから「ProfilePassword」をダウンロードします。

2.Thunderbirdのメニューから「ツール」→「アドオン」をクリックし、「拡張機能」を選択します。

3.ドラッグ&ドロップでダウンロードした「profilepass-TB-RDF-0.7.17.xpi」をThunderbirdに移動させます。

4.ダイアログボックスが表示されるので「今すぐインストール」ボタンをクリックし、Thunderbirdを再起動します。

5.「ProfilePassword」の「設定」ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

6.Thunderbird起動時にパスワード認証のダイアログボックスが表示されます。